山梨 相続・遺言書のご相談 なら 甲府市 の 杉山行政書士事務所

  • HOME
  • 相続の準備を考えている方へ
  • 相続の準備を考えている方へ
  • 相続について
  • 遺言の方式
  • お客様の声
  • ご依頼の流れ
  • お問い合わせ

遺言の方式

遺言は法律に定められた、一定の方式に従って作成する必要があります。
一般には普通方式の3つの遺言が利用されています。

  1. 自筆証書遺言

    遺言者が、遺言書の全文、日付および氏名を自書し、押印して作成します。
    したがって、代筆やワープロで作成されたものは無効になってしまいます。

    長所
    • 費用がかからず、手軽に作成できます。
    • 遺言の存在・内容を秘密にすることができます。
    短所
    • 紛失や相続人に発見されないおそれがあります。
    • 偽造や変造のおそれがあります。
    • 方式に不備があると、無効になったり遺言者の意思通りにならない場合があります。
    • 裁判所の検認が必要です。
      ※検認とは、家庭裁判所により、遺言書が本人のものか確認し、その後の偽造・変を防ぐための手続きで、遺言書の有効無効を決めるものではありません。
  2. 公正証書遺言

    証人2名以上の立会いのもとに、遺言者が遺言の内容を公証人に口頭で伝え、公証人がこれを筆記し、遺言者と証人に読み聞かせた後、遺言者、証人、公証人が署名押印して作成します。
    公証人が作成するので最も安全確実な遺言です。

    長所
    • 公証人が保管するので紛失や変造のおそれがありません。
    • 裁判所の検認が不要です。
    短所
    • 2名以上の証人が必要で一定の費用がかかります。
  3. 秘密証書遺言

    遺言者が、遺言書を作成し、証書に署名押印し、封書にして封印した後、証人と公証人の前で、住所氏名を記します。それに公証人が日付を書き作成します。 本文は代筆やワープロで作成できますが、署名はかならず自署する必要があります。 実際にはあまり利用されることはありません。

    長所
    • 遺言の存在を明確にして、その内容を秘密にすることができます。
    • 偽造・変造のおそれはありません。
    短所
    • 遺言書の本文自体は、公証人が関与していないので方式に不備があると、無効になったり遺言者の意思通りにならない場合があります。
    • 検認が必要です。
    • 2名以上の証人が必要で一定の費用がかかります。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:055-267-7226 お電話でのお問い合わせ:055-267-7226